2013年4月16日 (火)

奇跡のクラーク・コレクション

本日、15時~16:10まで霞ヶ関で担当事案の評議。

その後、18:50にヨット部先輩方との待ち合わせまでの時間、三菱一号館美術館へ。

ここでは今、「奇跡のクラーク・コレクション」が開催されており、主に印象派の絵画が出品されている。

テオゾール・ルソーの「ランド地方の農園」、クロード・モネの「エトルタの断崖」「ジベルニューの春」等々。

見つめていると自分がその絵の中にいる錯覚にとらわれる。

絵に描がかれている風景の土や若葉そして潮の香り、頬を撫でる爽やかな風を感じる。

幸せだな~!

できれば、もう一度ゆっくりと鑑賞してみたい。

その後、先輩お二人と会食。

OB会のあり方等々、本音で語り合えるひととき。

そうそう。

本音と言えば、霞ヶ関での空き時間に消防署のK主任から電話をもらう。

今まで、消防団を担当くださった消防職員の方々にはほんとうに頭が下がる。

感謝、感謝。

K主任も、本気で消防団のことを考えてくださる、我々にとってとても大切な方。

この方が団担当でおられるうちに、団の一層の充実を図りたい。

今日は、バタバタしてはいたが、それだけ中身の濃い一日だった。

Top_bnr_promo Dscn0423 Dscn0424 Dscn0425

2012年11月25日 (日)

シャルダン展

三菱一号館美術館で「シャルダン展-静寂の巨匠」が開催されている。

『羽根を持つ少女』に逢いたい・・・。

霞ヶ関の帰りに立ち寄ってみよう。

2012年8月 8日 (水)

ドビュッシー

昨日、霞が関からの帰路、ブリジストン美術館に立ち寄り「ドビュッシー・音楽と美術…展」を見てきました。

ドビュッシーの代表作、「海-3つの交響的スケッチ」などに関連する絵画や彫刻も数多く展示されており、見ごたえありました。

1050918dscn1382 アンリ=エドモン・クロスの点描画「黄金の島」

2011年7月18日 (月)

第3回 SUBARU-ZA CUP

昨日、東京湾で第3回 スバルザカップが行われました。
http://www.subaru-za-cup.com/

私は今回、本部艇<マカリイ>(40ft)の艇長を依頼され、小島大会会長(TYC会長)、市川レース委員長、高橋プロテスト副委員長らを乗せてスタートラインの設営をする為、7時にマリーナを出港。

ライン設定後、海上で各艇のエントリーを受け予定どうり、
・クラスA ; 09:00
・クラスB ; 09:10
・クラスC ; 09:20
と順次スタートを行いました。

この後、レース艇は一路、「海ほたる」へ。
風は、SSE 5~6m/s。

本部艇は全艇79艇(DNS1艇を除き)の無事スタートを確認後、今度はゴールラインを設定する為、アンカーを上げて移動。

10時半頃、早お昼。

11時を過ぎる頃から段々と風が上がっていき、その頃には早くも「海ほたる」を廻航し終わり、ゴールへ向ってくる艇のスピンネーカーが確認出来ました。

「海ほたる付近で2艇のケース(接触事故)発生。 1艇が損傷した為レース棄権、夢の島に戻るが、もう1艇はレール続行。 乗員に怪我等無し。」との警戒艇からの無線連絡が入ったのもこの頃です。

そして、11時半過ぎに<TURTLE 6>がファーストホーム。
風は、SSE 8~9m/s。

その後も強さを増す風の中、各艇ぞくぞくとゴールしてきます。

揺れる本部艇の上で、やはり波にたたかれ揺れるレース艇のバウのライフラインに付けられたリコールナンバーを記録者に伝える為、双眼鏡で確認するのは至難の業です。

風はタイムリミットの15:00前には、S 15m/sオーバーまで強まりこの為、中にはスピンを上げない艇やセールをリーフしてゴールする船もあります。
又、スピンを上げていてもブローチングする艇もかなりあり、乗員はかなりハードな操船を強いられているのがわかります。

タイムリミットギリギリでゴールした最終艇<ビーナス?(ケッチタイプ)>を拍手で迎え、本部艇もマリーナへ引上げ準備。
しかし、アンカーがなかなか上がらない。
それにエンジンがなにやら怪しい。
(冷却水が上手くまわっていない?)

やっとの事でアンカーを上げて、強い風と荒い波の中不調のエンジンを欺し欺しマリーナへ向い、17:00過ぎに無事マリーナへ帰港しました。

海、波、風、光、空、雲、etc. どれをとっても大自然はやはり凄いものです。
人は大自然の中で生かされていると再確認した夏の一日でした。

来年は、<Camille>艇長としてレース自体に参加したいものです。

1 2 20110717 (撮影; 創価大学・久保田教授)

高橋広報記録委員長が編集したスバルザカップの映像もyoutube に公開されました。

ご覧ください。

前半
http://www.youtube.com/watch?v=KikTmmCQ7cA


後半
http://www.youtube.com/watch?v=x1L4_H0go0U