2012年11月19日 (月)

ブリジストン美術館

先日、ブリジストン美術館で開催されている 「気ままにアートめぐり-印象派、エコール・ド・パリと20世紀美術」を観てきた。

モネやシスレー、ゴーカン、ゴッホは勿論、素晴らしいが、ザオ・ウーキーの《07.06.85》には圧倒された。

あの「青」の使い方には感激!
毎日でも観ていたい。

12月24日まで開催されているので、もう一度行きたい・・・。

Zao_wou_ki_070685

2012年5月17日 (木)

鶴の噴水

今日は午後から「関調連」の理事会に出席しました。

会場が日比谷図書館の会議室なので、霞が関駅から日比谷公園を通って行きます。
日比谷公園は今、若葉が溢れ鶴の噴水がある池の周りは新緑の中で憩う人達も多く見られました。

この鶴の噴水の案内板には、

「この噴水は、明治38年頃東京美術学校(現在の東京芸大)の津田信夫、岡崎雪声両氏に依頼製作したもので、公園等での装飾用噴水としては、日本で3番目に古いものとのことです。
 ちなみに1番目は長崎諏訪神社、2番目は大阪箕面公園
 当初は、鶴と台座とも銅製でしたが戦時中の金属回収で台座が石造りとなったものの、水面に薄氷が張り鶴の像につららが下がる景色は、当公園の冬の風物詩となっています。 」

とありました。

由緒ある噴水なのですね。

Dc051702 Dc051703