2013年11月29日 (金)

建築相談委員会講習会

本日、午後1時より東京建築士会建築相談委員会講習会「建築相談と現地調査・報告書作成の基礎知識」が開催された。

S先生、O弁護士、Y委員長それに私が講義の講師を担当したが、中身の濃い講義で受講者にも好評を博した。

今年度中に少なくとももう一回開催して欲しいとの声が上がった。

Dscn1864

2013年10月25日 (金)

第56回 建築士会全国大会「しまね大会」

10月26日に島根県松江市で開催された<第56回 建築士会全国大会「しまね大会」で会長表彰を受け、翌日は、地域交流見学会(エクスカーション)に参加し、出雲大社へ。

出雲大社も今年は60年に一度の式年遷宮にあたるそうで、神話と古代ロマンの探訪をしてきた。

Dscn1360 Dscn1385 Dscn1390 

Dscn1373 松江城 Dscn1374

Dscn1416 出雲大社 Dscn1421


Dscn1425
















2013年9月14日 (土)

建物見学会

『横山邸 1962 建物見学会 (50年前のコンクリート打放し住宅 / 増沢 洵の名作 を見る)』へのお誘いを受け、拝見してきました。

オーナーの方がとても大切に住まわれていたようで、50年以上経過したものとは思えないほどそれはそれは素敵な建物でした。

細部のディテールなどにも住まい手への配慮が強く感じられ、昨今の建築家にも是非見習ってもらいたいと思いました。

「建築文化」、「Modem Living」、「住まいの探求」、「コンフォルト」等の建築雑誌などにも大きく取り上げられたそうです。

納得!!

Dscn1117 Dscn1124


2013年3月21日 (木)

公益社団法人 日本建築士会連合会

今夕18:00から日本建築士会連合会 建築相談部会の会議。

全国の建築士会に配布する「建築相談ガイドブック」の作成がほぼ完了。

昨年春からの作業がやっと実を結ぶ。

それにしても部会の増沢主査のパワーには目を見張った。

トップに在る者は部員の二倍、三倍、動かなくてはならないことをここでも学んだ。

2013年2月22日 (金)

講習会

今日は、「改正省エネ基準と低炭素建築物認定制度」の講習会を受講。

会場は時々受診する、飯田橋の日本歯科大病院の西隣のビル7階。

(財)ベターリビングがここにあるのは知らなかった。

講習自体は、10時から12時までの2時間(勿論、休憩無し)だったが、中身が濃かった。

それにしても、構造計算書偽造事件後、建築関係の法規、基準、制度が頻繁に改正され、その度に講習会の受講や参考書を購入し勉強が必要となる。

時間と費用が掛かるのはしかたないことなのだが、少々頭の中が混乱してくる・・・。

Dscn0194

2013年2月21日 (木)

東京地方裁判所 立川支部

昨日午後は、立川支部で担当事案の期日。
それにしても、建築紛争はなかなか減らない。

公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センターによると、リフォーム工事だけでも不具合や契約などのトラブル数は右肩上がりに増えているそうだ。

この機関では、「増改築相談員 (戸建住宅などの増改築の専門家で、住宅新築工事またはリフォーム工事に関する実務経験が10年以上ある者で、住宅リフォームに関する研修会を受講し、考査に合格した者)」という資格を設け、適正なリフォーム工事の技術者認定をしており、私は4年前に「増改築相談員」、3年前に「増改築相談指導員」という増改築相談員の指導、研修講師の資格を取らされ?た。

どちらにせよ建築に限らず、間違ったことをしてしまったら直ぐに謝罪、説明をし、正しい方向に改め、戻す方策をとることだ。

意地を張り続け、これを怠ると結果として失うものも大きい。
訴訟にまで進んでしまうのはこういうケースがほとんどだ。

※ 増改築相談員名簿検索(住宅リフォーム・紛争処理支援センター)
http://www.refonet.jp/meibo/?mode=search&pref_list=13_0_%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD

Dc022112 東京地方裁判所 立川支部

2012年12月 3日 (月)

建築相談

今日の午後は(社)東京建築士会で、コンクリートのひび割れや、室内の臭気、異音等々の建築相談に対応しました。
建築問題でお悩みの方がまだまだ多いのですね。

終了予定時間を1時間ほど超過してしまい、外は既に夕闇。
トリトンスクエアのイルミネーションが綺麗でした。

Dc120308 Dc120313 Dc120314

2012年11月17日 (土)

研修

昨日は「(建築)紛争処理委員実務研修」の講師で大阪へ出張。

受講者は170人弱で、2/3が弁護士の先生、残りは建築士の方々。
大阪近県の方々が主ですが、鹿児島や沖縄から参加の先生も居られます。
皆さんメモをとりながら熱心に聴講してくださる。

使用するテキストも中身が濃い。
(自画自賛?)
毎年、このテキスト作成には苦労します。

同研修講師で11月20日は東京、28日は高松、そして来月は熊本に出張です。

写真は、講習会場の1階ホールに置かれたマリオネット。
余りの巨大さにビックリ!!

Pb164210 Sn3s0021

2012年11月13日 (火)

パネルディスカッション

研修所で建築問題についてのパネルディスカッション、終了。

全国から研修で来所している多数のJの前で、パネラーとして話をするのは緊張する。

ポイントを的確に掴んでの質問もあり、時が過ぎるのがとても早い。
熱が入った討議が続き、17時終了の予定が1時間もオーバーしてしまう。

皆さん、私の話をメモをとりながら熱心に聞いてくださる。
感激!
私自身、とても勉強になった。

10分間の休憩時間に眺めた研修所周辺の木々の紅葉が綺麗だった・・・。

Sn3s0014

2012年9月13日 (木)

昨日、今日

昨日は、19時から麹町で建築紛争処理委員会関係の会議がありました。
紛争処理委員の為のテキスト作成会議です。

弁護士さんと建築士、それに国交省+国交省関連機関の方々で構成された委員会なのですが、昨日も議論が白熱し、気がついたら23時。
とても勉強になる(勉強しないと務まらない?)会議です。

今日は今日で、12時から霞が関関係の委員会が二つと、18時から弁護士会関係の委員会がありました。

よく、「自分の会社の仕事は何時するの?」と聞かれますが、少なくとも午前中は現場管理を中心とした自社の仕事、そして図面作成他は夜に集中的に行う習慣ができ、以前と比べても効率的に時間配分ができるようになりました。
(睡眠時間はだいぶ減りましたが・・・)

より以前の記事一覧