2013年12月 7日 (土)

総合訓練

今日は朝から、東京消防庁第六方面訓練場(夢の島)で「総合訓練」を実施した。

火災現場に団が先着した場合や、署隊が先着している時の団の活動方法など、複数の場面を想定し行った。

今後も、このような実践的訓練を積み重ねて、署隊との連携も深め更に技能の向上も図っていきたい。

それにしても、未だまだ習得しなければならないことは多い。

Dscn1879 Dscn1880 Dscn1881

Dscn1882








消防団幹部視察研修

先週、消防団幹部視察研修が一泊二日の日程で実施され、消防署幹部の方々から今後の訓練のあり方等々有意義な話しをお聞きすることができた。

夕食を兼ねての懇親会でも、分団の枠を超えて幹部が和気あいあいと接することができたし、安房鴨川が会場となったので、朝に近くの港も散策し初冬の海も満喫?できた。

Dscn1876 Dscn1875 Dscn1865

Dscn1866 Dscn1867 Dscn1872














2013年11月25日 (月)

消防団120年・自治体消防65周年記念大会

「消防団120年・自治体消防65周年記念大会」が天皇、皇后両陛下のご臨席のもと東京ドームで開催された。
http://www.nissho.or.jp/contents/static/img/shobo120-65press.pdf

参加した消防団員、消防職員は約37,000人。

はしご乗りや救助救急訓練なども実施され、大規模な大会となった。

Dscn1817 Dscn1818 Dscn1819

Dscn1824 Dscn1827 Dscn1828

Dscn1844 城東消防団長と



















2013年11月23日 (土)

総合震災消防訓練

本日、06:00より東京消防庁総合震災消防訓練が実施された。

東京湾北部を震源とする直下型地震が発生したとの想定で、東京消防庁管下の全消防署において、全消防職員1万8千人及び消防団員2万2千人を動員する大規模な訓練だ。

城東消防団においては、1.参集訓練、2.団本部・分団本部開設訓練、3.消防隊支援訓練、4.実働訓練などが行われたが、事前にシナリオが開示されないブラインド訓練のため、情報収集、部隊運用なども本番さながらとなり、問題点や今後の検討課題も確認できた。

東京直下型地震や東海、東南海、南海地震の発生が危惧されている昨今、このような訓練は今後もどんどん実施しなければならないと強く感じた。

11月25日(月)には「消防団120年、自治体消防65周年記念大会」が東京ドームで開催される。
http://www.nissho-jyouhou.jp/nisshohp_img/120/120_65_boshugaiyou.pdf
現地集合が07:45とのこと。
今週も寝不足が続く・・・。

2013年11月10日 (日)

消防団点検

平成25年度江東区内消防団点検が都立木場公園・多目的広場で実施された。

07:30に集合し準備を進めている最中の07:38にやや強い揺れを感じた。
江東区内は震度4とのこと。
10時から開始された活動や訓練の展示にも実戦さながらの緊張感が漂う。

予定どうり11:30に無事終了。

心の中では災害が発生しないことを願いながらも、いざという時のためにこれからも厳しい訓練を積み重ねていく。

Dscn1758 Dscn1756 Dscn1757





2013年10月29日 (火)

第43回東京都消防操法大会 その3

東京都消防操法大会が終了し、我々が乗ったバスが東砂出張所に到着した際、署員の方々が出張所前に整列し拍手で迎えてくださった。

ここで一部の団員が下車し、バスは本署へと向かう。
本署に到着しバスが車両入口から進入すると、なんとここでも通路の両側に署員の方が整列し、大きな拍手で迎えてくださっている。

いやいや、このご配慮には大感激、大感謝。
私も思わず目頭が熱くなる。

「オール城東」とは「オール<城東消防署+城東消防団>」なのだ。
これからも署員の方々とともに力を合わせ、地域の安全、安心に寄与していこう。

「ポンプ操法大会」については、確かに批判的な意見があることも認識している。
団員はこの訓練を、仕事を終えてからの夜間か、日曜、祭日などで行う。
確かに辛いし、時間のやりくりもキツイ。
仕事にも家庭にも、そして自分自身にも大きな負担と影響を与える。

又、訓練場所の選定にも気をつかう。
最近は、夜間の訓練中に近隣の住民から苦情が入ることも少なくない。

しかし、訓練を続けていくうちに団員の心がひとつになってくる。
これは、災害に対応する上で一番大切なことで、これを実感できるのが操法訓練だ。

2013年10月28日 (月)

第43回東京都消防操法大会 その2

昨日、台風一過の青空の下、『第43回東京都消防操法大会』が実施された。
三ヶ月にわたる特別訓練の成果は、三位入賞!
優勝は逃したが、団長の「オール城東で挑戦する」という方針のもと、選手も私達も貴重で有意義な体験をすることができた。
絶大な支援をしてくださった、城東消防署の署員の方々には心より感謝を申し上げます。
表彰式の時の夕空はとても綺麗だった・・・。
Dscn1460 Dscn1461 Dscn1464


Dscn1472 Dscn1475 Dscn1476


Dscn1480




2013年10月26日 (土)

第43回東京都消防操法大会

第43回東京都消防操法大会が当初予定日を一日延期し、明27日に東京消防庁消防学校で開催される。

我が城東消防団は、可搬ポンプ操法の部に出場する15隊の5隊目(14時10分~)に操法を実施する。

8月12日から40日弱にわたり平日の夜間、そして日曜、祭日の朝に行ってきた訓練の成果がどういう結果をもたらすか?、神のみぞ知るである。

しかし、熱暑の中、冷たい秋風が吹く中で厳しい訓練に耐えてきた彼らの努力は、必ず報われると信じている。

Dscn1171

松江市消防本部

日本建築士会連合会全国大会の合間に、松江市消防本部を見学?。

庁舎前では、はしご隊の訓練が行われており、小さなギャラリーが声援を送っていました。

Dscn1361 Dscn1363 Dscn1364

Dscn1368







2013年9月 1日 (日)

消防操法特別訓練

本日、09:30から都大会へ向けての消防操法特別訓練を実施した。

焼けつくような日差しのもと、選手はもとより支援の団員も一丸となって活動する。

彼らには本当に頭が下がる。
金品の手当も無く、休日を返上して訓練に打ち込む姿は一般の方々にも是非知ってもらいたい。

このような絶えまない訓練の積み重ねが、災害現場での活動に生きてくる。

明日もまた、18:30から訓練だ。

Sn3s0012