« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月29日 (火)

第43回東京都消防操法大会 その3

東京都消防操法大会が終了し、我々が乗ったバスが東砂出張所に到着した際、署員の方々が出張所前に整列し拍手で迎えてくださった。

ここで一部の団員が下車し、バスは本署へと向かう。
本署に到着しバスが車両入口から進入すると、なんとここでも通路の両側に署員の方が整列し、大きな拍手で迎えてくださっている。

いやいや、このご配慮には大感激、大感謝。
私も思わず目頭が熱くなる。

「オール城東」とは「オール<城東消防署+城東消防団>」なのだ。
これからも署員の方々とともに力を合わせ、地域の安全、安心に寄与していこう。

「ポンプ操法大会」については、確かに批判的な意見があることも認識している。
団員はこの訓練を、仕事を終えてからの夜間か、日曜、祭日などで行う。
確かに辛いし、時間のやりくりもキツイ。
仕事にも家庭にも、そして自分自身にも大きな負担と影響を与える。

又、訓練場所の選定にも気をつかう。
最近は、夜間の訓練中に近隣の住民から苦情が入ることも少なくない。

しかし、訓練を続けていくうちに団員の心がひとつになってくる。
これは、災害に対応する上で一番大切なことで、これを実感できるのが操法訓練だ。

2013年10月28日 (月)

第43回東京都消防操法大会 その2

昨日、台風一過の青空の下、『第43回東京都消防操法大会』が実施された。
三ヶ月にわたる特別訓練の成果は、三位入賞!
優勝は逃したが、団長の「オール城東で挑戦する」という方針のもと、選手も私達も貴重で有意義な体験をすることができた。
絶大な支援をしてくださった、城東消防署の署員の方々には心より感謝を申し上げます。
表彰式の時の夕空はとても綺麗だった・・・。
Dscn1460 Dscn1461 Dscn1464


Dscn1472 Dscn1475 Dscn1476


Dscn1480




2013年10月26日 (土)

第43回東京都消防操法大会

第43回東京都消防操法大会が当初予定日を一日延期し、明27日に東京消防庁消防学校で開催される。

我が城東消防団は、可搬ポンプ操法の部に出場する15隊の5隊目(14時10分~)に操法を実施する。

8月12日から40日弱にわたり平日の夜間、そして日曜、祭日の朝に行ってきた訓練の成果がどういう結果をもたらすか?、神のみぞ知るである。

しかし、熱暑の中、冷たい秋風が吹く中で厳しい訓練に耐えてきた彼らの努力は、必ず報われると信じている。

Dscn1171

松江市消防本部

日本建築士会連合会全国大会の合間に、松江市消防本部を見学?。

庁舎前では、はしご隊の訓練が行われており、小さなギャラリーが声援を送っていました。

Dscn1361 Dscn1363 Dscn1364

Dscn1368







2013年10月25日 (金)

第56回 建築士会全国大会「しまね大会」

10月26日に島根県松江市で開催された<第56回 建築士会全国大会「しまね大会」で会長表彰を受け、翌日は、地域交流見学会(エクスカーション)に参加し、出雲大社へ。

出雲大社も今年は60年に一度の式年遷宮にあたるそうで、神話と古代ロマンの探訪をしてきた。

Dscn1360 Dscn1385 Dscn1390 

Dscn1373 松江城 Dscn1374

Dscn1416 出雲大社 Dscn1421


Dscn1425
















2013年10月14日 (月)

きらめく海


Sailing

艇が切る波の音
きらめく海原

至福の時間がゆっくりと流れる。

Dscn1340 Dscn1352 Dscn1349  





« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »