« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月19日 (月)

子ども会 花火大会

8月19日(月) 18:00~、亀戸の「◯◯町会子ども会・花火大会」への消防警戒に出場。

今夜は東京都消防操法大会の為の特別訓練も実施されているが、私は団長命令で警戒統括者としてこちらの担当。

200人近くの子どもたち+保護者が参加し手持ち花火で楽しむ会だ。

消防団員が全面協力して、花火の扱い方や消えた花火の始末方法なども指導する。

なかなか面白い催しだった。

Dscn1002 Dscn1003 Dscn1004 Dscn1007 Dscn1008













亀戸地区夏まつり

8月17日(土)、「江東区民まつり 亀戸地区夏まつり」の消防警戒に出場。

8/15に京都府福知山市の花火大会で痛ましい事故が発生した直後なので、消防職員、団員共、警戒活動と事故予防には気が抜けない。

幸いにして、何事も無く終了。
ホットした。

Dscn0993 Dscn0996

2013年8月15日 (木)

東京大空襲犠牲者慰霊灯籠流し

今年も、江戸川区と江東区の境を流れる旧中川のふれあい橋付近で「東京大空襲犠牲者慰霊灯籠流し」が行われ、それに伴う消防警戒が実施されました。

東京大空襲(昭和20年3月10日)により、この旧中川で命を失った人は約2,800人と伝えられています。

大勢の方が白い舟灯籠に、平和への祈りと鎮魂の思いを込めた文字や絵を描いて流していました。

Dscn0981 Dscn0982 Dscn0983 Dscn0987 Dscn0988













2013年8月14日 (水)

不思議な風

今朝、事務所へ向かう道すがら亀戸天神社の境内を歩いていた時に不思議な風を感じた。

連日、マスコミなどでは「猛暑、猛暑」と騒がれており、今日も確かに陽の光は強く気温の上昇は間違いないだろうが、今朝ほど感じた風は爽やかで清々しく、初秋を感じさせるような心地良い、不思議な感じの風だった。

ふと、今、この時に海の上に吹いている風を思いやった。
今、何艇のセーリングクルーザーがクルージンに出ているのだろう?
今年も、というよりここ十年以上、夏のクルージングには出ていない。

溜まった会社の仕事処理、夏祭りの消防警戒等の消防団業務、霞ヶ関関係の仕事等々をこの間に集中的にこなさねばならない状況が続いているためだ。

今年は更に、東京都消防操法大会(10/26)の為の特別訓練が加わった。
8/12から月、水、土は19:00~21:00、9/1からはそれに日曜、祭日の9:00~12:00も加わる予定だ。
よって、今夕も訓練。
少々ハードな日々が続く。

しかし、今日は不思議な風にふれたので、きっと素敵な一日となるであろう。

2013年8月12日 (月)

昨日の海は一面に靄が立ち込め、視界も0.5mileほど。

風も昼前後には1~2m/s程度に落ち、艇の上は炎熱地獄?に。

帰港後、汗を流すためにマリーナのシャワールームに入ると、中がザワついている。

見ると40前後の男性が足に怪我をしたらしく、仲間に取り囲まれ手当?を受けている。

マリーナ事務所から救急セットは借りてきていたが、どうやら処置の仕方がわからないらしい。

見過ごすわけにもいかず、消防団副団長で応急救命指導員資格者ということを告げ応急手当を実施。

5cm程度の切創からの出血が酷かったので、清水で傷の廻りを洗浄してから、滅菌ガーゼと三角巾を使用し圧迫止血を行い、その後事務室へ運びソファーに寝かせ受傷部位を心臓位置より高位に保持してから119番にて救急要請。

この猛暑で救急隊も出場過多の為、PA連携にて10数分後に先ずポンプ隊が、それから少しして、<二本部機動(大田区京浜島)>の救急隊が到着。

消防隊員の話では、23区内で現在救急対応可能な隊は、高輪署とこの隊のみとのこと。

それも、朝に出場すると転戦、転戦で署に戻れるのは深夜になるらしい。

猛暑の中の活動、頭が下がる。

2013年8月 5日 (月)

立川の空

朝から町内の夏祭り会場の片付けをした後、事務所で1時間程書類整理を行って13時に霞ヶ関着。

それから、15:30の期日に間に合うよう霞ヶ関から立川支部へ向かう。

立川支部の窓から、青い空と白い雲を眺めていると無性に海へ行きたくなった。
昨日、艇に乗ったばかりだというのに・・・。

Dscn0979 Photo

2013年8月 4日 (日)

夏の海

二週間ぶりの海。

10m/s前後の南西の風に吹かれ、なかなかのセーリングだった。

若洲海浜公園の近くでは、波の音に加え蝉の声も聞かれ、夏の海を実感できた。

充電完了!!

Dscn0898 Dscn0903 Dscn0905 Dscn0908










消防警戒

8月1日は「江東花火大会」の又、2日~3日は「亀戸二丁目団地夏祭り」の消防警戒に出場しました。

「江東花火大会」は4,000発の花火が打ち上げられ、見物客も30万人に上るので警察、消防、消防団、海上保安庁などによる警戒体制が取られました。

今月もまた、夏祭り消防警戒などの出場が増えます。

Dscn0959 Dscn0964 Photo_7







第六十二回神宮式年遷宮

7月27日~29日、東京都神社庁江東支部による「第六十二回神宮式年遷宮・お白石持行事」に参加しました。

「お白石持行事」とは、『一連の遷宮行事のひとつで、新しい御正殿の敷地に敷き詰める「お白石」を奉納する民俗行事で、宮川より拾い集めた「お白石」を俸曳車・木そりに乗せ、沿道や川を練り進み、神域に入ってからは、一人ひとりが白布に「お白石」を包み、遷宮後は立ち入ることの出来ない新宮の御垣内、真新しい御正殿の近くまで進み、持参した「お白石」を奉納する行事。(伊勢市HPより)』だそうです。

今回は「御木曵き行事」の時と違い、鳥羽へは伊良湖からバスごとフェリーに乗船し上陸しました。
この地は、学生時代や卒業後にもヨットのレースで何回か入港した港で、想い出深い街です。

Photo 伊良湖 Photo_2 浜参宮 Photo_3 夫婦岩

1 外宮 2 外宮 Photo_4 鳥羽港の夜明け

Photo_5 2_2 Photo_6

























« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »