« 桜新町 | トップページ | SSW 30knot »

2012年7月22日 (日)

救助活動?

今朝、東京湾へ出る手前の橋をくぐる時に異変に気づきました

何と、橋脚にジェットスキーが半沈の状態で浮いており、鉄骨の上に若い男女がしがみついています。

今日は「中潮」で、13:14の干潮に向かって河の流れも相当に早く、慎重に側に寄り声を掛けると「突然エンジンが止まり、流されて柱脚に接触し沈没し始めた」とのこと。
しかし、救助しようにも船のマストが橋桁にあたるので近づけません
怪我等の無いのを確認し、マリーナへ救助を要請。

マリーナのレスキューボートを待つ間、早い潮流の中で操船しながら声掛けを続け、万一の場合を考えロープ、救命浮環等をデッキに準備し待つこと15分弱。
レスキューボートが到着し、協力して二人を救助。

女の子は恐怖と寒さで震えているものの、幸いにしてふたりとも怪我はなく無事。

二人を乗せ、船底が上になったジェットスキーを曳航しながらマリーナへ戻るボートを見送り、我が艇は再び東京湾へ向かいました。

それにしても大事に至らず本当に良かった。

Dc072203 Dc072209

« 桜新町 | トップページ | SSW 30knot »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜新町 | トップページ | SSW 30knot »